【初心者】ギター以外に必要なものをまとめて紹介!

ギター

ギターという楽器は、本体だけ買えばOKというものではありません。ほかにもいろいろなものが必要となります。

ですが、これからギターを買う人、ギターを買ったばかりの人からすれば、何が必要なのかよく分からないかもしれません。

この記事では、そんな初心者たちに向けて、「ギター以外に必要なもの」をまとめて紹介します。

エレキギター、アコギ、エレアコを対象として話を進めます。

必要なものを買う前の注意

ギター以外に必要なものはいろいろありますが、何が必要かは人によって異なります。

自分の場合はどうなのかをよくチェックして、必要ないものまで買ってしまわないように注意しましょう。

買うべきかよく分からないものに関しては慌てて買おうとせず、「また今度!」と気楽に考えましょう。

初心者セットについて

いくつかの製品とギターがセットになった「初心者セット」のようなものは、あまりおすすめしません。質の低すぎるもの、人によっては必要のないものがセットになっていることが多く、さほどお得でもないからです。

ギター以外に必要なもの

ではここから、ギター以外に必要なものについて見ていきましょう。

ピック

指先で軽く握って弦をはじく、そのためのアイテムが「ピック」です。

ピックにはさまざまな種類があり、選ぶものよって出音のニュアンスや弾き心地が変わります。

ピックの形について

正三角形に近い「トライアングル型(オニギリ型)」と、涙のような形をした「ティアドロップ型」が代表的といえるでしょう。

トライアングル型(オニギリ型)

ティアドロップ型

トライアングル型はコードストローク(コードを押さえてジャカジャカ鳴らす)向き、ティアドロップ型は細かい単音プレイに向いている、などとよく言われますが、そこはあまり気にしなくてOK。

トライアングル型とティアドロップ型の両方を買っておいて、使いやすいと感じたほうを使用するのがおすすめです。

国内では初心者にトライアングル型を勧める人が多い印象ですが、海外ではティアドロップ型のピックが「スタンダード(標準)」として扱われ、トライアングル型を使う人は少数です。

ピックの素材と厚みについて

ピックには「素材」や「厚み」という点でも多くの種類が存在し、それぞれ音のニュアンスや弾き心地が異なります。

各自の好みで選ぶものですが、何も分からない初心者の場合、まずは一般的な素材といえる「セルロイド」のピックを試すことをおすすめします。

厚みに関しては、程よい厚みである「ミディアム」または「ヘヴィ」のピックがおすすめです。

厚み用途
ミディアム(約0.70mm)コードストローク向き
ヘヴィ(約1.0mm)コードからソロプレイまで万能

少しギターに慣れてきたら、別の素材や厚みを試してみるとよいでしょう。

このピックがおすすめ!!

FENDER ( フェンダー ) / 351 Shape Classic

歴史あるフェンダーのオーソドックスなティアドロップ型セルロイドピック。癖のないピックで、最初の1枚におすすめです。

このピックがおすすめ!!

FENDER ( フェンダー ) / 346 Shape Classic

同じくフェンダーのトライアングル型セルロイドピック。ティアドロップ型と一緒に購入し、どちらがよいか試すのがおすすめです。

厚みに関しても、ヘヴィとミディアム両方を試すのがおすすめです。

チューナー

ギターを演奏するには、弦を巻きつけたペグをクルクルと回し、決められた音程に合わせる「チューニング」をしなければなりません。そのチューニングの際のガイド役となるのが「チューナー」です。

チューナーにもさまざまな種類がありますが、初心者には気軽に使える「クリップ式チューナー」がおすすめです。ギターネックのヘッド部分に挟んで使用します。

エレアコの場合、ギター本体にチューナー機能が内蔵されていることもあります。

このチューナーがおすすめ!!

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / UniTune Clip

TC ELECTRONICの「UniTune Clip」。抜群の精度でプロからの評価も高く、予算に余裕がある人にはおすすめです。

ギターアンプ

エレキギターの場合、ただ弾くだけではテケテケとした生音が地味に響くだけです。まともな音を出すためには「ギターアンプ」に接続する必要があります。

音楽スタジオやライブハウスに行けばギターアンプが置いてありますが、自宅練習用にアンプを1台持っておくのが理想的です。

エレアコの場合、アンプに繋がなくともそこそこ大きな音が出るため、自宅用にアンプを用意する必要はないでしょう。

自宅練習用のギターアンプといっても、音量・音圧の大きい(ボリュームを絞っても音が大きい)製品が多いです。近隣の迷惑にならぬよう充分注意してください。

このアンプがおすすめ!!

MARSHALL ( マーシャル ) / MG15R

ギターアンプの王様ブランドMarshallの小型アンプ「MG15R」。天下のマーシャルサウンドを自宅でも堪能できます。

このアンプがおすすめ!!

YAMAHA ( ヤマハ ) / GA15II

ヤマハの自宅練習用アンプ「GA15II」。リーズナブルな価格ながらもツボを押さえた設計で人気です。

このアンプがおすすめ!!

BOSS ( ボス ) / KATANA-MINI

BOSSの超コンパクトな練習用アンプ「KATANA-MINI」。場所を取らず、小音量でも本格的なサウンドで練習できるのが魅力的です。

エフェクター

エレキギターの場合、素の音に特定の効果(エフェクト)を加えて、出音を大きく変えることが可能です。そのための機械を「エフェクター」といいます。

荒々しいロックサウンドや幻想的な響きの音など、エフェクターを使えばさまざまな音色を作ることができます。

エフェクターには、単一の効果しか持たない「コンパクトエフェクター」と、さまざまなエフェクトを1台に詰め込んだ「マルチエフェクター」があります。

コンパクトエフェクターは、自分好みのエフェクターを複数組み合わせることで、とことん拘った音作りが可能ですが、台数が多くなることで配線が複雑になったり、運びづらくなってしまうのが難点です。

一方、マルチエフェクターは1台で完結する手軽さが強みですが、収録されているエフェクトのなかで音作りをする必要があるため、自由度ではコンパクトエフェクターに分があります。

このエフェクターがおすすめ!!

NUX ( ニューエックス ) / MG-30

NUXのマルチエフェクター「MG-30」。比較的低価格ながらも質の高いサウンドで、初心者にもおすすめです。

このエフェクターがおすすめ!!

NUX ( ニューエックス ) / MG-300

同じくNUXのマルチエフェクター「MG-300」。MG-30より機能面で劣りますが、より省スペースで重量も軽く、コストを抑えたい初心者におすすめです。

シールド

エレキギターやエレアコをギターアンプ等と繋ぐために必要なのが「シールド」です。

シールドを製造するメーカーはたくさんあり、どれを選ぶかで音色は多少変化します。とはいえ、大幅に音色が変わるわけではないので、初心者は「長さ」を気にするだけでも問題ないでしょう。

大抵の場合、「3メートル」のシールドがあれば充分です。

シールドは長くなればなるほど音が劣化します。無闇に長いシールドを使うことはおすすめしません。

エフェクターを使用する場合、必要なシールドの本数が増えるので注意しましょう。

このシールドがおすすめ!!

CANARE ( カナレ ) / PROFESSIONAL CABLE G03

CANAREの楽器用シールド。リーズナブルな価格ですが、必要充分なクオリティで初心者におすすめです。

ストラップ

立ってギターを弾きたい人には「ストラップ」が必要になります。

ストラップにも多くの種類があり、太さや素材などさまざまです。それぞれ使い心地は異なりますが、使う前から細かいことを気にしても仕方ないので、まずは見た目の好みなどで直感的に選ぶことをおすすめします。

膝のあたりにギターをぶらさげて弾きたい人は、長さに余裕のあるものを選ぶようにしましょう。

アコギの場合は要注意!

ストラップを取り付けるための「ストラップピン」が2つあるアコギの場合、一般的なストラップをそのまま使用できますが、ストラップピンが1つしかないアコギの場合、ネック先端のあたりを紐で縛る必要があります。

このストラップがおすすめ!!

ERNIE BALL ( アーニー・ボール ) / 4037 POLYPRO STRAP

古くからあるERNIE BALLの定番ストラップ。どんなギターにも合うシンプルなデザインで、すべてのギタリストにおすすめです。

このストラップがおすすめ!!

PLAYTECH ( プレイテック ) / Nylon Strap

PLAYTECHのナイロン製ストラップ。紐がついているので、ストラップピンが1つしかないアコギにもすぐに取り付け可能です。

ケース(バッグ)

外にギターを持っていくつもりなら、何かしらの「ケース(バッグ)」が必要です。

店頭でギターを購入した場合はケースも付属するのが普通ですが、通販の安価なギターの場合はケースが付かないことも多く、別途用意する必要があります。

ギターケースには大きく分けて、「ハードケース」と「ソフトケース(またはギグバッグ)」という分類があります。

ハードケースは頑丈ですが、それなりに重量があるため、持ったまま歩き回るのには適していません。ソフトケースは軽いので気軽に持ち歩けますが、ハードケースのような頑丈さはもちろんありません。

自分の用途を考えて、適切なタイプのケースを選びましょう。

ソフトケースよりも厚手で頑丈なものを「ギグバッグ」といいます。

このケースがおすすめ!!

PLAYTECH ( プレイテック ) / EG-Bag

PLAYTECHのエレキギター用ギグバッグ。軽くて機能性に富んだデザインながらも、厚手のパッドでギターをしっかり守ってくれます。

このケースがおすすめ!!

SKB ( エスケービー ) / SC18

SKBのアコギ用“セミ”ハードケース「SC18」。ハードケースの頑丈さとソフトケースの気軽さを合わせ持った作りになっています。

ギタースタンド

ギターを立て掛けることができる「ギタースタンド」。

絶対に必要なものではありませんが、部屋で頻繁にギターを弾くつもりならスタンドがあったほうが便利です。ギターを手にとる回数が増え、上達も早くなります。

このギタースタンドがおすすめ!!

PLAYTECH ( プレイテック ) / GS1BK

PLAYTECHのギタースタンド「GS1BK」。安価ですが、安定性や耐久性ともに問題ないのでおすすめです。

カポタスト

「カポタスト」とは、任意のフレットを押さえっぱなしの状態にするための道具です。

使わない人は一切使わないものですが、アコースティックギターで弾き語りをする場合など、弾きたい曲によってはカポタストが必要になるかもしれません。

このカポタストがおすすめ!!

SHUBB ( シャブ ) / S1

古くから愛されるSHUBBのカポタスト「S1」。アコースティックギター全般と、指板の湾曲が緩やかなエレキギターに適しています。

弦(交換用)

最初から張ってある弦が錆びてきたら、新しい弦に交換しなければなりません。

通常、太さの違う6本を1セットとして扱いますが、やや細めの弦をセットにしたもの、やや太めの弦をセットにしたものなど、いくつかのバリエーションがあり、それによって音のニュアンスや弾き心地も異なります。

どんなセットの弦を張るかはプレイヤーの好みですが、初心者の場合はギターへの負担が少なく、かつ弾きやすさに優れた「細めの弦のセット」がおすすめです。

弦の太さ(ゲージ)は、「1弦:09」や「6弦:46」のように数字で表します。

この弦がおすすめ!!

ERNIE BALL ( アーニー・ボール ) / Super Slinky #2223

エレキギター弦の大定番、ERNIE BALLのスーパーライトゲージ「Super Slinky(09 - 42)」。やや細めの弦でチョーキング等もしやすく、すべての初心者におすすめです。

この弦がおすすめ!!

ERNIE BALL ( アーニー・ボール ) / Hybrid Slinky #2222

同じくERNIE BALLの「Hybrid Slinky(09 - 46)」。Super Slinkyと比べて4~6弦が少し太くなっているため、よりパワフルな低音を実現します。ややハード寄りなロック指向のギタリストにおすすめです。

この弦がおすすめ!!

DADDARIO ( ダダリオ ) / EJ10 80/20 Bronze Wound Extra Light

DADDARIOのアコースティックギター弦「EJ10 80/20 Bronze Wound Extra Light(10 - 47)」。ギターに負担の少ない細めの弦で押弦もしやすく、アコギ初心者におすすめです。

ストリングカッター(ニッパー)

弦交換の際、弦を切るために使う道具が「ストリングカッター」です。

ストリングカッターがあれば、太い低音弦を切るのも簡単です。

ハサミなどで弦を切るのは厳しいです。専用の工具を用意しましょう。

このストリングカッターがおすすめ!!

PICKBOY ( ピックボーイ ) / SC-150

PICKBOYのストリングカッター。切れ味、耐久性ともに抜群でおすすめです。

クロス

ギターに付着した汗や汚れを拭き取るためのものが「クロス」です。

弦や指板を拭く用に1枚、その他ボディなどを拭く用に1枚、最低2枚は用意することをおすすめします。

弦を拭くとクロスにサビが付着することがあります。そのクロスでボディを拭くのを避けるため、ボディ用に別のクロスがあるとよいでしょう。

このクロスがおすすめ!!

FERNANDES ( フェルナンデス ) / WCS Polishing Cloth 625S

フェルナンデスのポリッシングクロス「625S」。サラリとした手触りで毛羽立ちも少なく、扱いやすいのでおすすめです。

おわりに

ギター本体以外に必要となるものを紹介しました。

無理して一度に揃える必要はないので、必要だと感じたものから順に買い揃えていきましょう。