【ギター】湿度の管理をしないとヤバい!?大事なギターを守るために知っておくべきこと

ギター

ギタリストにとって、部屋の湿度を管理することはとても重要です。湿度の管理をおろそかにすると、ネックが反ってしまうなどの悪影響があるからです。

湿度が大きく変化すれば、たったの1日でもネックは反ってしまうもの。ギターという楽器は、それほど湿度の影響を受けるのです。

この記事では、大切なギターを守るための湿度管理について解説します。

ギターに最適な湿度とは…?

ギターにとって最適な湿度は、人間が快適にすごせる湿度とほぼ同じです。

人間が健康的かつ快適にすごせる湿度は、40~60%の範囲だと言われています。

  • 湿度40%以下……肌の乾燥、ウイルス活発化
  • 湿度60%以上……カビやダニの繁殖

ギターも人間と同様、40~60%を目安に考えれば、大きなトラブルもそうそうないでしょう。

中間である「50%」をベストと考えるのがおすすめです。

湿度が低すぎると…?

部屋が乾燥して湿度が低くなりすぎた場合、ネックが順反りになってしまいます

乾燥のしすぎによってネック(=木)が少し縮んでしまい、結果として順反りになるのです。

また、ボディやネックにヒビや割れが生じる可能性もあります。

湿度が高すぎると…?

かといって、湿度が高すぎるのも問題です。湿度が高すぎると、ネックは逆反りになってしまいます

湿気(水分)を吸収しすぎたネック(木)が膨張し、結果として逆反りの状態になってしまうのです。

また、金属パーツが錆びやすくなるなどの弊害もあります。

乾燥を避けるために加湿器を使うのはよいことですが、湿度を上げすぎないよう注意が必要です。

「湿度計」で部屋の湿度を把握する

湿度を管理するためには、当然ですが部屋の湿度を測定する必要があります。

高価なものでなくても充分なので、「湿度計」は必ず用意しましょう。

おすすめの湿度計

dretec(ドリテック) 温湿度計 デジタル 温度計 湿度計 大画面 コンパクト O-271WT(ホワイト)
【大画面で見やすい】 温度、湿度、熱中症・インフルエンザの危険度を表示。大きな画面で少し離れたところからでもはっきりと見える コンパクトサイズで机の上や壁に掛けても邪魔にならない 【顔マークでお知らせ】 熱中症やインフルエンザの危険度の目安を顔の表情でお知らせ 表情は7段階で熱中症またはインフルエンザになりやすい環境か...

湿度は温度と密接な関係があるため、できるだけ温度・湿度の両方が確認できるものを用意しましょう。

湿度計には「誤差」がある

湿度計はとても便利なものですが、「数パーセントの測定誤差が生じるもの」と認識しておくべきです。

ここでいう誤差とは、「実際の湿度よりも少し高く、あるいは低く表示されてしまう」という意味です。

同じ湿度計を2台購入して並べた結果、「湿度が違う!」などと憤る人がいますが、それは商品の仕様であり、仕方のないことなのです。

どの程度の測定誤差が生じるかは、湿度計の商品仕様に記載してあるはずです。気になる人は事前に確認してみましょう。

僕が使用している『dretec (ドリテック) デジタル温湿度計』の仕様によれば、湿度が50~80%の状況で「±5%」の誤差が生じる可能性があり、それ以上またはそれ以下の湿度では「±10%」の誤差が生じる可能性がある、とのこと。ちなみに、どの湿度計も似たような仕様のはすです。

誤差を考慮した理想は「50%」

湿度計に誤差があることを考慮すると、やはりギターの保管は「湿度50%前後」を意識するのが最も無難でしょう。

ハードケース内の湿度をコントロールする

ハードケースにギターを入れて保管する場合、ケース内の湿度を調節してくれる「湿度調整剤」を利用するのがおすすめです。

「湿度調整剤」とは、湿度が高すぎる場合には湿気を吸収し、湿度が低すぎる場合には湿気を放出してくれる、という優れもの。

室内の湿度を管理したうえで、湿度調整剤も併用すれば安心です。

フェルナンデス DR DRY 湿度調整剤 楽器用
高湿度時には湿気を吸い取り、低湿度時には水分を吐き出す作用で、ケース内部を常に一定の湿度に保つ、楽器用の湿度調整剤です。

ギタースタンドの利用ももちろんOK!

普段からよく使うギターに関しては、ギタースタンドに立て掛けるなどしておくほうが便利でしょう。部屋の湿度をきちっと調整していれば、それで問題ありません。

温度と湿度の関係を理解する

室内の湿度をきちっと管理するためには、温度と湿度の関係も理解しておく必要があります。

湿度とは、室温とは反対の動きをするものなのです。

  • 部屋の温度が上がる → 湿度は下がる
  • 部屋の温度が下がる → 湿度は上がる

たとえば、乾燥した寒い冬の夜、暖房を入れて「室温22℃」に、加湿器を使って「湿度55%」にしていたとしましょう。その状態で暖房も加湿器も切り、就寝したとします。

すると、朝起きたときには湿度が「70%」以上になっている、なんてことも…。

冬の朝方などは冷え込みが激しく、気温が一気に下がります。暖房を切って寝ている間に、室温が10℃以上下がることもあるのです。

そうやって、室温が一気に下がれば、湿度は一気に上昇してしまいます

こうした「温度と湿度の関係性」を理解していないと、室内の湿度をうまくコントロールすることができません。

寝ている間に湿度が上昇しすぎることのないよう、温度(室温)の変化にも気を配りましょう。

おわりに

ギターを守るための湿度の管理について解説しました。

湿度の変化が激しい日本では、常に最適な湿度をキープするとなると、かなり難しいかもしれません。それでも、できる限り気を配ることで、ギターへの負担は大きく減らせるはずです。

今まで湿度管理をおろそかにしてきた人は、無理のない範囲で意識を変えてみましょう。