【ギター】超音波式の加湿器は使っちゃダメ!?その理由とは…?

ギター

冬場の乾燥しすぎた空気は、ギターにとってよいものではありません。そのため、加湿器を使って湿度をコントロールする必要があるわけです。

ただし、「超音波式の加湿器」を利用することは、あまりおすすめできません。

超音波式の加湿器を使ってしまうと、少し厄介なことが起こるのです。

超音波式加湿器の問題点

超音波式の加湿器は、やけどの心配がなく電気代も比較的安め、デザインも洒落たものが多いため、人気があるのも頷けます。

しかし、超音波式には決定的なデメリットがあります。

家具や壁など、部屋の中が白く汚れてしまうのです

ミネラル成分の固形化

写真に写っているのは、超音波式の加湿器を使用している部屋に置いてあった黒いゴミ箱。モヤモヤっとした白っぽい汚れのようなものが確認できます。

この白い汚れの正体は、「ミネラル成分」です。水道水に含まれるミネラル成分が固形化し、それが白い汚れのように見えているわけです。

超音波式の加湿器は、その性質上、ミネラル成分を含んだままの水を霧状にして噴出します。その霧が乾燥するとミネラル成分が固形化し、白い汚れのようになって現れるのです。

こうした現象は超音波式の宿命であり、避けることはできません。説明書などをよく見れば、「白く汚れる」などと注意書きがしてあるはずです。

加湿器の近くにあるものが白く汚れるのはもちろんのこと、離れた場所にあるものも汚れます。同じ室内にあるものはすべて被害にあう、と思ったほうがよいでしょう。

見えなくても「汚れている」

明るい色の家具や壁ならば、ここまでハッキリとした汚れは確認できないでしょう。しかし、見た目ではよく分からないだけであって、実際には固形化したミネラル成分が付着しているはずです。

写真のような安いゴミ箱なら「別にいいや」という感じもしますが、大事なギターにミネラル成分がべっとり付着するなど、あまりよい気はしないでしょう。

もっと言うなら、白く固形化する前はただの霧なので、楽器や機材の隙間から、その内部へと侵入してしまう可能性もあるのです。

こうした性質を理解したうえで超音波式を使うならよいかもしれませんが、知らずに使ってしまうと悲惨です。

白い汚れは「一応、落とせる」

家具などに付着してしまった白い汚れ(ミネラルの結晶)は、ある程度なら落とすことが可能です。

ただし、手で払ったり、ティッシュで拭いたりする程度では到底落ちません。濡らした雑巾などでゴシゴシと強めにこする必要があります。

大体は綺麗になりますが、うっすらと白い成分が残りがちなので要注意。

ギター部屋には別の加湿器を!

超音波式のデメリットを考えると、少なくともギターを置いた部屋では別の加湿器を使いたいところです。

ミネラル成分を撒き散らしてしまうのは超音波式だけなので、それ以外のタイプを選びさえすれば問題ないはずです。

ただし、超音波式に加熱式要素をプラスしたハイブリッド式のものはNG。加熱式要素をプラスしたといっても、根本的には超音波式であり、ミネラル成分を撒き散らしてしまう性質は変わりません。

おすすめの加湿器

[山善] 加湿器 加熱式 スチーム式 上部給水方式 (最大加湿 500ml) (タンク容量 2.4L) (木造~8.5畳 / プレハブ洋室~14畳) ホワイト KS-J242(W)
●お部屋の空気を潤すスチーム式加湿器。 ●連続使用時間:パワフル約5h標準約8h。 ●上から注げる簡単給水タイプ。 ●寒い季節の乾燥対策に最適。 ●お肌やのどの乾燥を和らげるのに役立つ。 ●保証期間:お買い上げ日より1年。(保証の範囲については、取扱説明書をご確認ください。(一般家庭用以外(業務用など)に使用された場合...

この加湿器の最大のメリットは、手入れがラクなこと。

湯沸かしポットと同じ構造なので、一般的な加湿器のような面倒な手入れが必要ありません。内部の汚れが気になったときは、水の中にクエン酸を溶かして運転させればOK。使用後にすすぎ洗いするだけで綺麗になります。

スチーム式なので菌が舞うこともなく、健康面でも安心です。

僕自身も、この加湿器を愛用しています。手入れなどほとんど必要ないので、面倒くさがりな人には本当におすすめです。

おわりに

超音波式加湿器の問題点について、簡単に説明しました。

かつての僕のように、超音波式のデメリットをよく知らずに使ってしまうというパターンも意外と多いのかもしれません。

いま現在、ギター部屋で超音波式の加湿器を使っている人は、早めに買い替えを検討してみては…?